交通事故の損害賠償は、過失割合で決まります。過失割合は当事者同士で決めるものではありません。当事者同士ではなく、保険会社が決めます。保険会社が決めた過失割合というものは、絶対的なものではありません。納得いかないのであれば、拒否することも可能です。

ほとんどの方は保険会社の指示に従ってしまいます。従うこと自体は間違いではありませんが、必ずしも従う必要はないと思います。加害者であっても、拒否する権利はあります。交通事故の被害者になるとわかりますが、損害賠償金額に納得できない場合もあります。

過失が相殺されると、もらえるお金が少なくなってしまいます。7対3の過失でも、7割もらえるとは限りません。過失が相殺されて、5割程度になってしまうことがあります。加害者はそれで良いかもしれませんが、被害者としては納得いきません。トラブルを避けるためには、やはり知識が必要です。

インターネットではなく、本で学ぶと良いでしょう。損害賠償金額の問題を解決する方法があります。それは弁護士に相談することです。弁護士に依頼すれば、すべて解決できるでしょう。損害賠償も慰謝料も、考える必要はまったくありません。法律に詳しくない素人よりも、法律に詳しいプロのほうが良いです。

弁護士と言っても、得意分野があります。弁護士に依頼するなら、交通事故に強い弁護士が良いと思います。弁護士に関しては、インターネットで探したほうが早いです。ブログやホームページをチェックしましょう。